有給休暇はある?

「派遣だから有給なんてもらえないよね~・・・」なんて思っている人が多いのですが、派遣社員も正社員も仕組みとしては正社員と同じです。

有休は「労働基準法」によって、「6ヶ月以上継続して勤務し、さらに労働日の8割以上出勤すれば、正社員と同様に有給休暇を取得することができる」と定められている権利であるため、あらゆる労働者に適用されることになります。(勤務形態によって弱冠の違いはありますが)

だから、派遣社員だけじゃなく、「アルバイト」でも有給は認められているんですよ。

一般的には、働きだしてから半年後に10日間の有給休暇が発生し、それ以降は1年ごとに1日ずつ増えていくという形が取られており、派遣先が変わっても派遣元が同じであれば、有給休暇は継続します。

ただし、契約終了となり次の派遣先で働き始めるまでの間が1ヶ月以上空いてしまうと、多くの場合有給休暇は消滅してしまいますので、この点を覚えておく必要があります。

お休みが取りたいときに「有給でお休みさせてください」と申し出たいというときがあるかと思いますが、会社に「有給を取らないで」と言われることがたまにあります。

基本的に「有休を取るな」という命令はいくら会社でもできません。(当然)

ただ、「この時期は忙しいから、他の時期にとってくれないかな」と時期を変えてもらうお願いは可能なので、会社に懇願された場合は、打診してあげて欲しいと思います。(どうしてもムリな場合は、きちんと説明しましょうね)

たまに、会社のお願いや仕事の忙しさを無視して、有給をとって休んでしまう人がいますが、これは、人間関係を考えると、止めたほうが無難です。

「権利ですから」と主張して、あまりにも忙しいときに有休をとってしまうと、周りとの関係がやはり悪くなるのは当然の結果だと言えるでしょう。

有休はアナタに与えられた「権利」ですが、使うときには十分考えて使うことをオススメします。