長所、短所を聞かれた場合

長所や、短所というのは事前に予測のできる質問になってきますので、あらかじめ考えておくことが望ましいでしょう。

また、長所や短所というのは、自分の性格を教えてください。という質問に置き換えられます。

率直に「長所、短所を教えてください」と、質問される場合や、「自分の性格を教えてください」などと、少しひねった質問になる場合もあります。

  長所をきかれた場合は、自分のいいところのアピールなので、素直に答える中に、自分の希望の職種に長所が生かせるような回答が望ましいと思われます。

職種によって、明るいと表現するのか、几帳面と表現するのか、コミュニケーションをとるのが得意と答えるのか、長所を生かせるような表現をしましょう

また、長所の1番最後に、自分のこういった長所を仕事に活かしていきたい、という意志を伝えられればその顔合わせは合格点間違いナシですね。

短所の場合は、仕事に不利になるような表現は使わないということが大切

短所と長所は表裏一体だと考えてください。
また、短所をどのように補っているか、ということを答えることができればいいと思います。

例えば、「几帳面すぎて時間がかかってしまうが、常にスケジュールをチェックすることで、時間を確認している」などと、いうように、短所を補う回答を事前に考えておくとグッド!