どうして同じ仕事でも時給が違うのか

派遣の仕事での時給は、企業から派遣会社へ依頼が入り、公開されるまでの間にその金額が決定されます。

派遣の仕事の時給の決定方法は各社の平均賃金をベースに企業からの要望のある、経験や、技術、市場環境、就業条件などいろいろな要素をふまえて、支払い時給を設定することになっており、派遣会社にとって、企業から求められている人材が市場に少なければ少ないほど、時給は高くなる傾向があります。

   経験やスキルを求められる翻訳・通訳、貿易、プログラマーなどのスキルや経験の差によって同じ仕事でも時給が違うのはそのためです。

職種などによって、経験できることは限られ、OAスキルなどは、実践経験をつみやすい項目だと思いますので、新しいことにチャレンジする機会があるなら、率先して経験をつむことが大切になってくるでしょう。

また、就業場所や、勤務形態、環境など、難しい条件の場合は、時給などに反映される場合もあり、朝が早い、勤務場所が駅から遠いなど、悪条件の場合は、同じ仕事であっても、時給は少なからず高くなる場合が多いといえるでしょう。