履歴書を作成する前に重要なこと

当然のことながら、企業はデキル人材を求めるものです。

履歴書というのは、アナタをセールスしてくれる、いわば「アナタ自身の総合カタログ」だと言われています。

そんな履歴書は、就職するときにはもちろん、さまざまな分野で活躍してきますので、履歴書作りをおこなう上でのポイントをきちんと掴んでおきましょう。

1.履歴書=『アナタ』という商品の資料
例えば、アナタがお菓子を選ぶとき、何を基準で選びますか?
パッケージを見て闇雲に買うという人もいるでしょうが、ほとんどの人が、うわさや宣伝など事前の情報をもとにして買っているはずです。
企業もそう。採用担当者にとっては、履歴書はアナタ自身を知るためのツールとなります。

2.自分自身を分析する
どんなジャンルであっても、コンセプトが明確になっている商品は必ずヒットします。
便利さ・メリットなどが明確であるほど、ユーザーに対して魅力がダイレクトに伝わるからです。
そのため、自分を分析し、自分の特徴を知ることは、「明快なコンセプトで自分をアピール」することにつながります。

3.自分の過去を整理し把握する
自分の能力を口頭でアピールするよりは、これまでの経験やその実績をもとにしたアピールの仕方の方が説得力という点で大きな効果を発揮することでしょう。
そのためにも、自分の職歴や実績をじっくりと整理して、 自分の価値を再点検することが大切です。