「契約終了」についての理由は3つ

契約終了となると、いろんな思いを抱くことになるでしょう。

あまり好きではない会社の場合なら、「やっと終わった・・・」となるだろうし、仲良く楽しくやっていた会社であるなら、「もっとここで働きたいのに」という想いも出てくると思います。

「契約終了=私はダメなんだ」という考え方を持っている派遣社員の人が多いのですが、これは、ちょっと違っています。

契約終了には3つの理由が存在しているのです。

契約終了だからといって、すぐに「私の実力不足」と考えるのは、ただの先走りです。

契約終了には、この3つのどれが原因となっていますので、それぞれで意味が全然違ってくることになります。

契約が終了になってしまった場合には、自分が一体どの理由で終了になったのかをしっかり把握し、地祇の派遣に活かすことが大切です。

【契約終了 3つの理由】

1.プロジェクト終了

派遣先の会社の中で、期間限定の仕事があり、そのために臨時で人が必要という理由で派遣が始まった場合になります。

元々期間が決まっていますから、仕事が終了すれば当然契約終了となります。

派遣先としても、「あなたが来てくれたおかげで、この仕事をやり切る事が出来ました、本当にありがとう」・・・という、一番幸せな形での契約終了となるでしょう。

このタイプで終了になった時は、落ち込んだりへコんだりする必要は全くありません。

2.予算切れ

これは、「もっと長期で働いてほしかったけど、予算がないので泣く泣く終了」・・・という形ですね。

これも、アナタが悪いのではなく、単純に派遣先のお金の問題ですので、特に気にする必要はありません。

しかし、ここで注意すべき点は、「他の派遣社員は契約継続なのに、自分だけが『予算不足』で終了になった場合」です。

実際、派遣先の会社が予算不足に陥っているのは確かなことなのでしょうが、他の人ではなく、アナタが先に終了になったという事は、少しだけ考えてみる必要はあります。

しかし、年齢や担当によりけりですから、そこまで深刻にヘコむ必要は全くありませんよ。

3.スキル不足が原因で契約終了

この場合は、かなり痛い問題となります。

しかし、こういう時に一番大切なのは、「言い訳をせずに素直に受け止める」事です。

こういうときは、「もう少しこう変えた方が良いかな」「こういうスキルがあった方が良いかな」と思える事が出てくるので、自分のスキルアップができるチャンスだと思えばいいと思います。

スキル不足で契約終了になったとしても、誰も何も悪くはありません。