IT関連

IT関連といっても、さまざまな資格があります。
WordやExcelだけでなく、それ以上のスキルが求められる場合が増えてきています

  コンピュータに関わる唯一の国家試験の「情報処理技術者」試験の13分野のうちの一つである、コンピューターネットワークは、今や社会のあらゆる部分で電気や水道と並ぶ重要なインフラとなりつつあり、広範な知識を持ち実務能力のあるネットワーク技術者へのニーズは、今後ますます高まっていくでしょう。

テクニカルエンジニア試験(ネットワーク)は、ネットワークシステムを計画・設計・構築する業務に従事する人を対象とした実践的な資格となります。

ネットワークエンジニアは、企業などのお客様に対してネットワークについての技術指導やコンサルティングを行ったり、業界の最新動向にあわせて最適なシステムを構築・運用するといった仕事が主になります。

資格取得者は、高度なネットワークシステムの設計・構築・運用を行う能力があると見なされるため、企業のシステム部門やネットワーク関連会社などで高いニーズがあります。