翻訳・通訳

翻訳は、外国語を日本語に訳す翻訳の仕事は、大きく3つの分野に分けられます。

小説や専門書など外国語で書かれた著作物を日本語に翻訳する「出版翻訳」、洋画や外国のドラマなどをメディアにあわせて訳す「映像翻訳」、そして翻訳業界全体の90%を占める、ビジネス文書や文献を翻訳する「実務翻訳」です。

自分の能力をアピールするには、(社)日本翻訳協会が主催する「翻訳技能認定試験」などの資格を取得するのも効果的です。

活躍の場としては、海外の小説や映画はもちろん、海外企業との取引の際に使用される契約書や技術文書まで、外国語から日本語に訳されているモノは数多くあり、その数だけ翻訳家の活躍の場は用意されています

通訳は、ビジネスのグローバル化が進み、国際会議やイベント、ビジネスなど、プロフェッショナル通訳への需要は高まりつつあります。

また、海外から日本を訪れる外国人の数も急増しており、外国語でガイドができる通訳ガイドのニーズはますます高まっています。

なお、通訳案内業資格は、日本を訪れる外国人のガイドを行うために必要な国家資格です。

活躍の場としては、国際会議やスポーツ競技会、見本市などの大きなイベントから、商談や公演、インタビューなどの小規模なものまで、通訳のスキルが必要とされる舞台は広がっています