派遣とは

人材派遣とは、「労働者派遣法」に基づき派遣元が自己の雇用する労働者をその雇用関係の下に、かつ派遣先の指揮命令を受けえて、この派遣先のために労働に従事させることをいいます。

派遣には大きく分けて「常用型」と「登録型」の2タイプあり、登録型派遣は、事務系の職種が多く、派遣会社に登録して仕事が決まってから雇用契約を結ぶものです。

常用型は、エンジニア系職種が多く、派遣会社に常に雇用されている状態になり、派遣先に出向いて仕事をしていなくても、給料がもらえたりボーナスが出るところもあります。

こうやって考えると、常用型の方が正社員に近い雇用形態だと言えるでしょう。

人材派遣というのは、同じ会社で何年も働くことができないということを知っていましたか?

「え?私の知り合い、同じところで4年くらい派遣社員として働いてるんだけど・・・」という人もいるでしょう。

しかし、本当は同じ会社に3年以上派遣されることが認められているのは、専門的な26業務のみとなります。

【専門的派遣の26業務】

1.情報処理システム開発
2.機械設計
3.放送機器操作
4.放送番組等演出
5.機器操作
6.通訳,翻訳,速記
7.秘書
8.ファイリング
9.調査
10.財務処理
11.貿易
12.デモンストレーション
13.添乗
14.建築物清掃
15.建築設備運転等
16.受付け・案内,駐車場管理
17.研究開発
18.事業の実施体制の企画,立案
19.書籍等の制作・編集
20.広告デザイン
21.インテリアコーディネーター
22.アナウンサー
23.OAインストラクション
24.テレマーケティングの営業
25.セールスエンジニアの営業,金融商品の営業
26.放送番組等における大道具・小道具


「臨時的・一時的派遣」にあたる一般的な事務職の場合は、派遣社員は原則1年(場合によっては3年)以上同じ会社に派遣されて働くことはできないとされているのです。

例えば、A社が経理事務を募集していたとします。
そして仮にアナタが派遣されたとしますよね。

しかし、1年後(もしくは3年後)には契約終了とすることが派遣された時点で決まっているのです。

なぜかと言うと、派遣法で、正社員の代替として派遣社員を活用してはいけないこととなっているため、もし、そのポストに常に人がいなければ業務に支障がでるのであれば、会社はその人を正社員として雇用するようになっているため、派遣法では派遣の期間を原則1年以内となっているからです。