新卒派遣にメリットはあるのか?

派遣社員という雇用形態がますます浸透していく近年、学校を卒業していきなり派遣で働く新卒派遣というスタイルも一部で注目を集めているようです。
新卒派遣は、新卒あるいは第二新卒の人が、派遣会社に登録するとともに研修を受け、その後に派遣先で1年ほど契約社員として働くというのが派遣のスタイルです。
派遣期間が終了した後は、派遣先に採用されることを予定しているため、その点は紹介予定派遣に似ています。
本来なら、派遣社員とは既にスキルや経験のあるスタッフを送り込むことで即戦力としてすぐに働いてもらうことがメリットであるのに、未熟な新卒のスタッフを雇用するメリットはあるのでしょうか。
派遣先にとっての新卒派遣の主なメリットとしては、まず派遣会社で研修を受けているので、新卒正社員に必要な教育コストを抑えることができます。
また、派遣社員として働いている間に、必要な人材かどうかの見極めができるので、すぐ辞めてしまう若者や業務に適さない人材を正社員登用する前に見極めることができます。

また、派遣期間中の給与や福利厚生のコストも削減できます。
新卒派遣では、派遣契約前にビジネスマナーやパソコンなどの操作、担当する業務の技術など、数ヶ月間の研修を受けることができます。
派遣社員には、ある程度即戦力としての力量が求められるので、新卒と言えども多少のビジネススキルを身につけておくのは必須です。
経験はなくともスキルが十分即戦力になることが望ましいのです。
しかしながら、このような研修費用は派遣社員の自己負担になるのが普通です。
研修は派遣会社が提携もしくは運営するスクールなどで行われ、通常の新卒採用を行った場合にかかるコストを新卒派遣社員が負担していることになります。

新卒派遣が働く側にとって良いことばかりの働き方ではないのは明らかで、就職先が見つからないからといって安易に新卒派遣を選ぶのはおすすめできません。
ただ、運良く後に正社員として採用される希望を持って勤務できますので、スキルも含め、自分次第で良い結果になるチャンスもあります。


派遣会社情報

派遣会社で楽しく仕事をするために

人材派遣の基礎知識

派遣についてよくある質問

派遣の契約をゲットするために

管理人情報



トップページへ>>