人材派遣システムの仕組み 

正社員とは、企業と雇用契約を結んでその会社に勤務し、仕事の指示も給与の支払いも入社した会社が行います。
それに対し、派遣社員とは、企業ではなく、派遣会社と雇用契約を結び、決まった条件で派遣先の企業が仕事の指示を行います。
よって、給与の支払いや社会保険の加入手続きに関しても、派遣会社が行うことになります。
数十年前までは正社員が当たり前の時代でしたが、近年は契約社員または派遣社員(派遣スタッフ)が主流といえるほど、非正社員率が高くなってきており、様々な種類の雇用システムが定着しています。
人材派遣サービスというのは、企業にとっては、必要な人材を必要な時だけ効率的に活用でき、派遣社員にとっては勤務時間や勤務地などを自分のライフスタイルに合わせて仕事ができるため、大変有効なシステムといえるでしょう。
人材派遣システムは、派遣先企業、派遣元企業、派遣社員の三者により成り立っています。
その特徴は雇用関係と使用関係が分離していることです。

実際に仕事をするのは派遣先ということになります。


派遣会社情報

派遣会社で楽しく仕事をするために

人材派遣の基礎知識

派遣についてよくある質問

派遣の契約をゲットするために

管理人情報



トップページへ>>