CAD

CADシステムは、製図作業をコンピューターの画面上で行い、その技術は建築・機械・自動車など、設計や製図、デザインに関連する幅広い業種で活かされています

CAD利用技術者は、CADを利用した技術の明確化を目的として、一定水準に達している受験者に対しての評価・認定を行うための資格です。

従来からある1・2級に、2003年から3次元CAD利用技術者試験と基礎試験が加わり、より幅広いレベルに対応した試験が行われています。

CADの活躍の場は、設計事務所や建築会社・機械関係などの企業を中心に拡大中です。

最近では技術色の濃いこれらの現場に加え、アパレル関係のデザインなどにも普及してきています。

さまざまな設計になくてはならないものになってきているCADスキルは、設計・製図を扱う企業には必須のスキルになりつつあり、近年では3D立体映像もかなり進化しているため、上級技術者へのニーズも高まっています。